カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
星が見える名言集100
リンク
このブログをリンクに追加する

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.04    カテゴリ:  病院&健康管理 

   フィラリア検査

春の嵐?

台風のような雨が止んだ15:30過ぎ。。。

「デイジー、出かける?」

訳もわからず小躍りして喜ぶデイジーと車に乗り込み・・・


2013040401.jpg
かかりつけの病院着!

ここに来ると震える震える (^_^;)

フィラリアの検査なんて、前日行った病院で血液検査に含めてもらえば良かったのに?

でもさ、フィラリアの薬はこっちで貰いたいしっ

採血以外に、触診、聴診、口腔内、膝チェックもクリア ヽ(^o^)丿

あっちでもこっちでもクリアすると2倍安心♪

連日、病院で採血のデイジーは不憫だけどね~ (^_^;)

そーいえば、去年はこっちが先で翌日あっちだったなぁ。。。




2013040402.jpg
フィラリア検査も無事に陰性 ヽ(^o^)丿

病院の指導に反した与え方(間隔を長めに空けてる)をしてるので、検査はキッチリしとかないといけない。

フィラリアの薬は今年もハートメクチン!(去年のが1錠残ってるので、貰ってこなかったけど)

ハートメクチンはイベルメクチンを主成分とするフィラリアの駆除剤。(ジェネリック)

イベルメクチンは○○ダニ、××ダニ等を駆除する場合にも使われる薬で、その場合はフィラリア薬の10倍量位の投与になるんだって (゜o゜)

つまり、ハートメクチン錠を誤って2錠飲んじゃったとしても身体に与える負担は大したことない…らしい。


コリー種に対しては、イベルメクチンが神経毒性を示すおそれがあると言われてるけど、それは個体によるもの。

血液検査(ただし外注)をすれば、イベルメクチンが使えるコか、使えないコか、判るんだそーだ。

フィラリアの薬だけを考えるならミルベマイシン等への回避も出来るけど、他の治療でイベルメクチンを使いたい場合、検査済だと早急に対応出来るってことになる。


1年間有効の話題の新薬注射の話も聞いてきた・・・

先生も説明会(?)には参加してきたらしいけど、今年は病院での扱いは見合わすって。。。

飼い主の利便性しかないって。。。

だよね~怖い怖いっ  ((+_+))


おまけの話。

デイジーの左胸部、左脚、右臀部にあった吹き出物(皮内角化上皮腫)について、

「ハトムギを朝晩ごはんに混ぜて食べさせてたら、2ヶ月ぐらいで全て消えたんですよね~」と、

ちょっと誇らしげ(自慢?)に言ってみたんだけど・・・

「人間で例えるとニキビ・吹き出物のようなものだからetc」と、「ハトムギ」という言葉は一切使わずの説明 (-_-)

ハトムギだってばっ! (心の声)


この2日間で、2人の獣医師とたくさんお話が出来て、私もちょっとスキルアップした気分~♪

デイジーは・・・お疲れ様 (^_^;)






スポンサーサイト


Copyright © Daisy's Diary All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。